お問い合わせ

お知らせ

中型と大型免許の違いとは?車両や免許について紹介

  • 2021/05/20

中型と大型の両方の車両を保有している大成運輸です。
大成運輸では現在、ドライバーを募集しています。

ここでは中型と大型の違いをご説明します。
まず自動車の免許は全部で4段階あります。

・普通
・準中型
・中型
・大型

普段皆さんが乗っているのは普通です。
車両総重量が3.5t未満で、最大積載量2t未満に相当するものです。
そして中型と大型の違いは下記です。

・中型
車両総重量が11t未満で、最大積載量6.5t未満

・大型
車両総重量が11t以上で、最大積載量6.5t以上

車両総重量と最大積載量が中型か大型かになるかの見極めポイントとあります。
そして中型も大型もすぐには免許を取れません。
中型は普通車2年以上、大型は普通車3年以上の免許取得から経過していることが条件です。

そして免許を取得する時の費用ですが、教習所に通う時にどんな免許を保有しているかにもよります。
例えば、大型免許取得を目指している時に普通免許だけなのか、中型免許をすでに保有しているのか。
普通免許だけなら35万前後ですが、中型免許有なら25万前後です。

大成運輸では免許取得に向けた支援制度もあるので、バックアップを受けて免許を取得したいとお考えの方もお越しください。

お問い合わせはこちらから

Copyright © 2021 有限会社 大成運輸 All rights reserved.